採用情報・人材育成

人材育成

グローバルな視野と挑戦する姿勢を備えた
人材の育成に力を入れています。

人材育成理念

チャレンジングな人材の育成

「富山に軸足を置きながらも、グローバルな視野と高い挑戦意欲をもつ人材を育成すること」を理念としています。これを実現するために、若手に責任ある仕事を任せ、海外への出張や赴任を積極的に推進し、自ら道を切り拓く精神を持つ社員を育てています。また、幅広い研修制度を整え、OJTは勿論のこと、黒田若手育成塾や外国語会話研修等で若手の成長を促し、かつ、全社員における専門知識の習得にも力を入れています。

幅広い研修機会

階層別教育をはじめ多彩な研修機会を提供しています。

黒田化学では成長のステージに合わせた研修メニューを用意しています。階層別教育として新入社員研修・黒田若手育成塾・中堅社員研修・班長研修および管理者研修があり、職能教育としてプラスチック成形や金型技能検定取得を奨励しています。このほか金型設計・測定・品質管理および営業のスキル向上を目的とする社外講習や通信講座を積極的に取り入れています。また、長年にわたり小集団改善活動に取り組んでおり、国内だけでなく海外拠点においても身近な課題をQC手法により解決しています。さらに、中国語やベトナム語会話講座を設けており、将来の海外拠点経営を担う若手社員が中心となり外国人講師によるレッスンに励んでいます。

photophotophoto

【教育・研修体制】

表

若手教育の強化

若手教育の場「黒田若手育成塾」を実施しています。

若手教育強化の一環として2013年に黒田若手育成塾がスタートしました。社長が塾長、入社3年目までの若手社員が塾生となり、「リーダーシップを発揮しグローバルに活躍できる若手の育成」を目指して研鑽に励んでいます。photo講義あり、意見発表あり、グループワークあり、他企業見学ありの充実したカリキュラムが組まれています。社内では「黒若塾」の名で親しまれ、塾生以外の社員にも開放することで大きな人材育成の場を提供しています。また、新入1年目の社員には先輩社員が黒若パートナーとして指導担当に当り、新入社員がスムーズに職場に溶け込み、スピードを持った成長が図れるような制度を整えています。

外国人実習生の受入

海外現地社員を受け入れる教育・研修を推進しています。

海外拠点から現地従業員を受け入れ、積極的な教育に取り組んでいます。期間は3カ月から3年、専門技能に加え、日本語会話力と日本人の心情、黒田化学の仕事の進め方とリーダーシップ゚を教えます。ここでは、カリキュラムに基づく教育とクリアテスト方式をphoto取入れ研修効果を高めており、母国に帰った実習生の多くは海外拠点のリーダーとなって活躍しています。彼らのひたむきな姿勢はマザー工場の社員にも刺激を与え、黒田化学グループの一体感醸成にも役立っています。

上へページの先頭へ戻る